読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ステュディオス」な生活

「ステュディオス」=何かを面白がり、熱中することにより生き生きしている状態。 日々の「ステュディオス」を求めて…

Chcolatyを使ってみた

普段、MacLinuxを使っていてあんまりWindowsを使う機会が減っているのだが、久々にWindowsを触ってみた。

Windowsって初期からセットアップしようとするとあちこちからインストーラをダウンロードしてって作業があるので LinuxMacよりめんどくさいと思っていたのだけと、aptやhomebrewの様にコマンドラインからソフトをインストールできるというwindows版パッケージマネージャということで以前から気になっていた Chocolatey を試してみた。

インストール

インストールする前に windows update で最新にしておく。インストールしたばかりのwindowsだと そうしないと .NET フレームワークがインストールされていなくてwarning が出ることがある。

cmd を管理者モードで起動する https://chocolatey.org/ をブラウザで開き、そこに乗っている次の文字列をコピペする。

C:\Windows\system32>@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin

少し時間はかかるが、後は自動的にインストールされる。

インストール後の確認として chocolatey version を実行してみる。 これも若干時間がかかるが次の様な出力が表示されればインストール成功。

C:\Windows\system32>chocolatey version


name          : chocolatey
found         : 0.9.8.27
latestCompare : 000000000000.000000000009.000000000008.000000000027
verMessage    : Latest version installed
latest        : 0.9.8.27
foundCompare  : 000000000000.000000000009.000000000008.000000000027

パッケージのインストール

一度インストールしてしまえば、いろんなソフトウェアが cinst コマンドを使って簡単にインストールできる。

例えば、git と ruby をインストールするなら次のコマンドを実行すれば、ダウンロードからインストールの作業が自動的に実行される。

cinst git ruby

これまで、それぞれの配布サイトに行っててインストーラーをダウンロードしていたのと比べるとなんと便利なのだろう。

また、github が開発しているエディタ Atom も今のところWindowsにインストールするには chocorateyを利用することを勧めている

その他にもJDKなどもインストールできる。 インストールできるパッケージは Chocolatey Gallery | Packages で探すことができる。

一度使ってしまうと便利で手放せなくなった。